スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.09.11 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ハートシェイプ・クリスタルブレス

    0

       

      本日19時にアップを予定しています、ハートシェイプ・クリスタルブレスです。

      オンラインで販売するのは初めてかと思いますが、昨年12月の展示会では好評でした。

       

      もともと石好きな方は大粒を、そうでない方は小さめの粒のものを好まれる傾向にあります。

      というわけで、着けてみた印象はこちら。

      上から12mm、10mm、8mmです。

       

       

      12mmは迫力がありますし、一粒一粒、水晶のクリア感もたっぷり楽しめます。

      10mmはおそらく一番人気、輝きも細やかで適度なボリューム、邪魔にも感じないバランス良いサイズ感。

      8mmは細やかで華奢なアクセサリーが好きな方に良いサイズ、小さいということはハートの数はたくさんに(笑)。

       

      小さい方がカット数が増えるのに、お値段が押さえられるのは、職人さんの手間からすると理解できない部分かもしれません。

       

      またこのブレスは、ある程度ゴムの締め具合でサイズの調整がききます。

      あまりきつくすると着脱が怖くなりますので、少しゆるめ、ハートに少し余裕を持たせた結びとなっています。

      8mmサイズは、ゴムの結び目が外に出ている仕様となっております。

       

      ぜひ、このキラキラと輝くハートをお楽しみください!

       

       

       


      クリスタルセレクト、開催しました。

      0

         

         

        先週の土曜日、クリスタルセレクトを開催しました。

        ブレスレットのお直しをいくつかと、新たにお気に入りの石のブレスの買い足し、気になっていたピアスや原石をお求めいただきました。また、ブレスサイズの調整であまった石をピアスさせていただいたりしました。

         

         

        フラーレンのブレスレットが切れて珠がいくつか、どこにいったのかわからなくなってしまったそうです。

        お聞きしたテーマから石をご案内させていただき、お好きなものを粒単位で選んでもらって、こちらでバランスを見てつなぎます。美しいですね〜。ワクワクしました。

         

        今までも無くはなかったのですが、デザイン変更のお直しについても、きちんとサイトに提示しなくてはと思い立ちました。

        これまで一定の料金体系は設けていたものの、なかなか手がつけられないこともあり、裏メニューのようにしておりました。クリスタルセレクトでも、きちんとご案内しておかないといけませんので、その準備をいたします。

         

         

         

         

        次回開催は9月22日(土)となります。

        どうぞよろしくお願い申し上げます。

         

         

        店舗販売日(完全予約制)のお知らせ

        下記の時間帯にて、実際にオンライン上で販売中の石や、オンラインには出ていない石も手に取ってごらんいただけます。ブレスレットのフィッティングもさせていただきます。

        ※ご参加はオンラインショップ・ワイオリの会員様に限らせていただいております。会員登録はこちら

         

        時間枠

         

         

        クービック予約システムから予約する


        ブルーアンバーにおすすめ、携帯用紫外線ライト

        0

           

          ブルーアンバーが太陽光で青く光るとはいえ、天気のいい昼間に限られています。

          当店には石の撮影時や、お客様に石が蛍光しているところをご覧いただくための大きな紫外線ライトがありますので、それでいつでも照らしてみることができます。

          とはいえ、懐中電灯サイズで大きなものです。

           

          いつでも青光りするところを楽しむために、小さな携帯用のライトを買って、ブルーアンバーブレスを入れてある巾着につけてあります。

          これ、雨でも夜でも、いつでも楽しめますから便利です。

           

           

          ブルーアンバーやハックマナイト、フローライト等の蛍光する石のブレスレットをお持ちの方におすすめです。

           

          日亜化学紫外線LED使用 LED ブラックライト UV-LED375-nano

           

           


          クリスタルセレクト、ひらいております。

          0

            本日はクリスタルセレクトの日で、「お直しデー」でした。

             

            ご夫婦でブレスレットをつけてくださり、奥様ご愛用のブレスが切れてお電話でご連絡いただきました。

            本日お越しいただき、切れていない旦那様のブレスのゴムも交換しておきました。

            昨年12月の展示会の折にご購入いただいておりますから、半年以上経ちましたね。

            ほぼ毎日つけてくださっているそうで、そういうお言葉を耳にすると、大変光栄で嬉しくなります。

            もちろん、石にとっても持ち主によくよく可愛がってもらえて、良かったなぁーとも思います。

             

             

             

            旦那様の琥珀は使い込まれていて、良い味わいが出ていました。

            奥様のティファニーストーンも、より深みある鮮やかな石に変わっていました。

             

             

            そして次に切れてしまったフラーレンのブレスと、ブルームーンストーンのブレスのサイズ調整をしました。

             

            ※写真を撮り忘れまして・・・実物ではありません、イメージ画像です。

             

            偶然ですが、フラーレン水晶ブレスレットは、一ヶ月前にこの方にお会いしました際に「あの石の組み方のバランスが良すぎて再現したいので、お許しいただけるならばぜひ写真撮らせてください」とお願いし、写真を撮らせていただきました。

            その画像が今回役にたちました。石の配列が画像に残っていたので、助かりました。。。

            またあの配列で作りたいと思っています。ボリュームが丁度いいんですよね。。。

             

            あと、水晶ピアスの片方をどこなになくされたとのことで、このピアスも作らせていただくことにし、ほぼ品質に変化はないと思いましたが、合う石をペアにしたいと思いましたので、預からせていただきました。

             

            せっかくなので、再販にむけて材料を追加仕入れする予定です。

            はじめは「重い・・・」と思っていたこのピアス、先日つけてみたら全然感じなくて「あの重さはなんだったんだ!」と思いました。不思議です。体調に寄るんでしょうけれど、こんなに感覚が違うとは思いませんでした。

            なくされた方も「つけてる感じを忘れる日があって、そんな日に失った」と仰っていました。

             

             

             

            次回開催は8/25(土)となります。

            お直しもののみでもお越しいただけますので、ぜひご利用ください。

             

             

             

             

             

             

             

            店舗販売日(完全予約制)のお知らせ

            下記の日程にて、実際にオンライン上で販売中の石や、オンラインには出ていない石も手に取ってごらんいただけます。ブレスレットのフィッティングもさせていただきます。

            ※ご参加はオンラインショップ・ワイオリの会員様に限らせていただいております。会員登録はこちら

             

            時間枠

             

             

            クービック予約システムから予約する

             

             


            ブルーアンバー(?)たち

            0

               

              ロシアンブルーアンバーが再入荷いたしました。

              アンバーがこんなに気持ちの良いものか・・・と目覚め、ドミニカ産のアンバーを扱っているお店で、とても素朴なのですが目の離せないクロスがあり、仕入れてきました。

              こちらは、店主が不在で代理の方に対応いただいて仕入れたのですが、「ブルーアンバーではない」とのことでした。

               

              が、持ち帰って紫外線ライトをあてたらこんな感じに

               

               

              青い!!!どういうことなの!!!

              琥珀は全部光るのか??

               

              ・・・と思っていましたが、ブルーアンバーでなくても紫外線ライトに反応する琥珀はあるんですってね。
              太陽光でも青く見える、蛍光?の強いものが「ブルーアンバー」として認定されるという、練度の世界だったようです。
              実際、他に持っている琥珀には全然このような反応はありません。
               
               
              ということで太陽光で。
              うーーーーっすら、青く光ります。
              写真ではちょっとわかりにくいかもしれません。左の腕?の部分によく出ています。
              代理の方が販売してましたし、その方は石の専門ではないけど詳しそうな感じもありました。
              これは「私がブルーアンバーといったらブルーアンバー」「これは弱すぎるから却下」とご自身で決めてもらうしかないかな、と思っていますが、弱めのブルーアンバーと思っていただければ・・・と、その名前で販売することにしました。
               
              まぁその、ブルーか否かも大事ですが、それだけじゃなくって、
               
              ・この針金をぐるぐるしただけの様子
              ・なぜか下だけ澄んでる
              ・ちゃんと裏表がある彫りになってる
              ・でも表面は小傷だらけで、行商でいろんなところを回ったんだろうなーー
              ・ちょっと縦長デザイン、厚みはちゃんとあるこのバランス
               
              という感じが、かわいいクロスです。
              琥珀は水晶みたいに「あ、私のだ」っていう感覚があるものなのだそうです。
              私もいくつか手にして、「出会ったな!」というものがありますので、わかる気がします。
               
               
              こうしてみると、クロスのブルーアンバー認定は非常に甘いものかもしれません。
              太陽光での、販売予定のラインナップです。
              小さい珠のブレスレットが、一番青いですね。
               
              私自身、ブレスレットはかなり愛用しています。
              眠る時も全然邪魔にならず、とても軽く、蜂蜜をみているようで・・・
              これが古代の樹木から出た樹液の化石で、長い年月を経たと思うと、ありがたいですね。。。
               
              次回はこのブレスレットとクロスのアップをと考えております。
              どうぞよろしくお願い申し上げます。

              フェザーペンダント

              0

                 

                カウボーン製(牛骨)のフェザーペンダントのアップを予定しています。

                流れるように伸びやかな羽根の一枚一枚が、とても気持ち良いペンダントです。

                 

                画像は別売りの商品、シルクリボンを通しています。

                なかなか大きなサイズなので、もっと短いリボンを栞のようにつけて、お守りとしてそばに置いておくのも良い使い方かなと思っています。

                 

                裏側も同じように精密に彫刻されています。

                 

                 

                なんというか、なんでもそうなのですが、羽根というモチーフは彫る人の「幻想偏り度合い」が出やすいといいますか。

                もとの形の制約もあったんでしょうけれど(短めの羽根三枚を見て)、ファンタジーすぎず、勢いで彫るでもなく、ちゃんとデザインされているように感じます。

                 

                近日中にアップしようと思っています。

                どうぞよろしくお願い申し上げます。

                 


                | 1/75PAGES | >>

                current moon

                calendar

                S M T W T F S
                 123456
                78910111213
                14151617181920
                21222324252627
                28293031   
                << October 2018 >>

                selected entries

                categories

                archives

                links

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                PR